非劇場上映について
非劇場上映とは、自主的に上映会場をおさえ、集客をして、映画の上映を行うとこを言います。
全国各地域の方々で、映画「山中静夫の尊厳死」を共有していただく方が主催者です。
上映会は講演会、イベント、セミナー、施設、展示会、物産展などと組み合わせることができます。
主催者の開催目的に合わせて自由にプロデュースができます。
映画の上映をしたことがない方でも上映できるよう、弊社(制作会社)が運営をサポートいたしますのでご安心ください。
<上映用メディアについて>
DVDまたはブルーレイの貸し出しとなります。
<主催者について>
どなたでも開催可能です。(個人、チーム・団体、法人、自治体など)様々なイベントと組み合わせての上映会の企画ができます。
<イベント>
自治体・施設・学校・医療関連団体施設・老人ホームなど、様々な団体が主催することができます・講演会やワークショップなども同時に行って構いません。
<開催時期>
近い日程で近辺での上映会がすでに決まっている場合、開催時期の変更をお願いする場合がございます。
ご希望の開催日の二週間前後に同じ市区町村内で一般公開の上映会がすでに申し込まれていた場合、時期または会場を変更していただく場合がございます。
(先に申し込み主催者様に、開催の可否位をお伺いします)
ただし、ご希望が関係者のみの内部上映の場合は、二週間前後・同じ市区町村内であっても開催いただけます。
<お申し込みの流れ>
01ご相談
上映会の主催する企画(詳細)をご相談ください。
02上映企画の検討・決定
映画の上映だけにするか、公園付きにするかなどなど、双方の検討の上、日程、場所、人数、上映会の費用を決定する。 ※上映会開催に必要な費用の捻出方法(チケット収益/協賛金の募集/助成金の申請など)を検討。 ※講演会のゲスト、企画制作プロデューサー、日本医師会、等々のご相談可能です。
ゲスト、講演料、交通費、宿泊費等々が必要になる場合がございますのでご相談ください。
スケジュール調整が必要なためご期待に添えない場合もございますのでご了承ください。
03 宣伝物の決定
宣伝物としてチラシ、ポスターいたしました。是非ご利用ください。
04 上映当日!
宣伝活動やチケット販売、会場設営などの準備を得て、上映!
事前に弊社より上映メディアをお送りします。
必ず再生チェックを行っていただき、DVD・機材に問題のないことを確認してください。
ご不明な点がございましたら
03-5549-2851
ushida@supervision-inc.com
までお申し合わせください。
<上映料>
上映料70,000円/1日(税別)+追加料金(感少人数が100名を超えた場合)
※鑑賞人数=有料上映会はチケット販売数、無料上映会は実際の鑑賞者数
※追加料金=(参加人数-100名)☓500円/1人(税別)
<支払方法>
上映会終了後、当日の鑑賞者人数をご報告いただき、そちらに基づきご請求書を発行させてただきます。
その後、お振込という流れになります。
<料金に関する注意点>
※入場料が無料・有料に関わらず、お支払いいただく上映料金は同じです ※入場料は自由に設定いただけ、上映料との差額(収益)は会場費等に充てていただけます。 ※1日で複数回開催の場合や2日連続開催などの場合、上映メディアを流用いただく場合、合計の鑑賞人数での精算とさせていただきます(2日間の合計鑑賞者数が100名の場合は70,000円) ※小中学校複数校での上映など、大規模な上映の場合は別途ご相談ください。 ※有料/無料での実施を問いません。 ※4歳以上の方すべてがカウントされます。 ※上映会用素材(DVD・ブルーレイ)発送後はキャンセルに応じかねますのでご了承ください。 ※自主上映会は、主催者と当社の信頼関係で運営されます。
万が一貸し出し素材(DVD・ブルーレイ)の不正使用(複写・無断転用などの違法行為、他会場での仕様等)、申込書・報告書の虚偽、貸し出し素材(DVD・ブルーレイ)の損傷や紛失などが発生した場合は、当社に違約金をお支払いいただくこともあります。
※公民館や市民ホール、光栄施設。団体ホール等々、手配、会場費については、主催者側の負担でお願い致します。